グラボ取り付け

inspiron 530s用に購入したグラボが届いたんで早速取り付け
 
ベンチ結果
3DMARK06 4156
ちなみにvostro200MT(OS:XP)は4717
 
VISTAのパフォーマンス
VISTAだとXPに比べて結構ベンチ結果が落ちるんだなっていうのが第一印象。
AEROもあまりスムーズ感が増した気がしないし、やっぱりもっさり動く
SP1が出るまではだめだな・・・
 
次に
Rivatunerで温度見てみると
アイドル:78℃
高負荷時:93℃!!
 
ちょwwwケースファンも唸りを上げて回ってるし・・・orz
 
一応未使用のPCIスロットの金具を取り外して再計測
アイドル:74℃
高負荷時:85℃
 
う~ん・・・inspiron530sはPCI-Exスロットのすぐ下に電源があるので
どうしてもグラボの廃熱が厳しくなる構造のようで・・・
やっぱりケースファン増設しないとだめかなぁ
 
つーことでファン増設
増設したファンは→CFX-70S
電源は余ってたSATAケーブルを4pin→3pinに変換して流用
増設場所は内部はぎっしり詰まってて無理なので、空いてるPCIスロットの外に設置
 
 
温度計測結果
アイドル:68℃
高負荷時:84℃
 
音も静かになっていい感じ、当面はこれでOKかな
総括としてはスリムタワーは買うもんじゃないですね^^;
 
 
ちなみにvostro200MTの方は
 
アイドル:64℃
高負荷時:82℃
 
広告
Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。