SSD

SDHCカードをSSDとして利用できるアダプタが発売されるようです。
 
最大容量192GB、手軽に安価なSSDを自作できるアダプタが登場

http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20080614_cr_4000/

 
 
未だに高価で耐久性にも不安が残るSSDですが、確実に今後のPCには標準搭載されるドライブとなるでしょう。
 
今回紹介したCR-9000は、SDHCカードを最大6枚搭載してSSDとして使用するみたいなので安価にSSDを構築できていいかもしれませんね^^
 
また、発表されているデータ転送速度も満足のいくレベルだと思います。個人的には注目の商品ですね^^
広告
Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。