Sapphire HD4890 Toxic EditionとVapor-X

Sapphire officially announces its new HD 4890’s(Fudziila)
SapphireはToxic EditionとVapor-Xの2つのタイプのHD4890を発表しました。Toxic Editionはヒートパイプ付きのクーラーを搭載していてコアクロックが960MHz。Vapor-Xはヒートパイプ無しでコアクロック870MHz。出荷時期は未定で価格は250~300米$となる。

           Sapphire HD 4890 Toxic EditionとVapor-Xのスペック

  HD 4890 Toxic Edition HD 4890 Vapor-X
GPU RV790
プロセス 55nm
コアクロック 960MHz 870MHz
シェーダーユニット 800SP
メモリ GDDR5 256bit 1GByte
メモリクロック 1.050GHz (4.2GHz)
インターフェース PCI-E 2.0
出力端子 DVI x2,S端子 HDMI x2,DVI,D-sub
広告
Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。