Galaxy シングルとデュアル基板でクアッドSLI GTX 295のベンチマーク

Quick Test: Galaxy’s Single & Dual-PCB GTX 295 Quad SLI(Expreview)
Galaxy製シングル基板のGTX295とデュアル基板GTX295でクアッドSLIを構築した場合のベンチマークが掲載されています。3DMark vantageのスコアはパフォーマンスモードでP33522、GPUスコアは30322。エクストリームモードでのスコアはX17172となっています。また、Crysis(1920×1200、8AA、DirectX10、Very high quality)で森林地帯49FPS、雪原地帯58FPSで描画されるようです。GPUを666/1475/1100MHz(コア/シェーダー/メモリ)にオーバークロックした場合、3Dmark vantageのエクストリームモードでのスコアはX19200を示したそうです。より良い冷却装置があればX20000を突破することも容易のようです。
広告
Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。