NVIDIA 40nm リテール向けGT220の出荷が遅れる


Nvidia partners are still not shipping NV216 DX 10.1
(Fudzilla)

NVIDIA partnersはDirectX10.1対応コードネームNV216(GT220)をまだ出荷していない。
 NVIDIAはGT210ブランドのコードネームNV218をOEMへ出荷しているが、リテーラーはGT220ブランドのカードが実際いつチャネル投入されるか知らされていない。
 当初の計画では、6月に出荷される予定だったGT220だが、これまで我々はNVIDIA partnersが出荷した事実を確認できていない。GT220は7月初旬に届けられるようです。
 記憶を整理すると、コードネームNV216はGT220ブランドで売られ40nmプロセス、4層基板、1GB DDR3 128bitの帯域幅でチャネル内で9500GTに置き換わるものになるでしょう。

OEM向けのGT210はすでに出荷されて、リテール向けのGT220の出荷が遅れているということですかね。8月まではTSMCの生産能力も改善されないようなのでOEM向けを優先させてるのかも知れません。どちらにしろ40nmの歩留まりが改善しないことには幻のグラボになりかねませんね。


NVIDIA GT220とGT210のスペック

ブランド GT220 GT210
チップ GT216 GT218
プロセス 40nm 40nm
コアクロック 615MHz 550MHz
シェーダー 48SP 32SP
シェーダークロック n/a 1375MHz
メモリ GDDR3 128bit 1GB GDDR3 64bit 512MB
メモリクロック 790(1580)MHz 800(1600)MHz
TDP 45W n/a
対応API DirectX 10.1 DirectX 10.1
 
広告
Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。