Monthly Archives: 4月 2010

スプリンターセル コンヴィクション ファーストインプレッション

やっと発売されたSCC、サクッとレビューしてみようと思います

  • スピーディーで多彩なアクション
    スプセルと言えば暗闇に隠れてもっさり移動って感じでしたが、今作はアクション性が向上しマーク&アクションシステムが導入されて、スピーディで多彩なアクションが楽しめます。しかも今までのステルスプレイにも対応しているという奥が深いアクションゲームになってます

  • オンはCOOPが主体
    DAのVERSUSっぽいモード(フェイスオフ)もありますがCOOPが主になりました。オフのストーリーモードとは別の協力ストーリー、ハンター、インフィルトレーション、ラストスタンドとフェイスオフの5つのモードがプレイできます。またオフラインでの画面分割プレイにも対応。協力ストーリーを最後までプレイした感じではバランスがよく多彩なステージ構成で十分楽しめましたが、通信の遅延で操作性が変わってしまうのが残念。あとDAのVERSUSは個人的に好きだったから発展させて欲しかったかな

  • オフは充実の内容
    ストーリーモードに加えオプショナルオペレーション(ハンター、インフェルトレーション、ラストスタンド)がプレイでき、やりごたえ十分で面白い。特にオプショナルオペレーションの難易度リアルはオフのストーリーモードより格段に難しくなっていてアクションゲーマーでも歯ごたえを感じるのではないでしょうか。また1プレイが短いので気軽にプレイできるところもいい

  • 武器のカスタマイズで多彩な戦略
    今作は多くの武器が登場しカスタマイズできます。またオフのストーリーモード以外では、装備するガジェットの種類も制限されるので色んなプレイスタイルで楽しめます

  • シリーズ最高の出来
    オフのストーリーはスパイアクション映画をプレイする感覚で楽しめて、難易度や装備を変更しての再プレイも面白い。また、サムを操作するだけで楽しめるくらい操作性もよく、スピードが増したアクションにもストレスなく対応できる。慣れてくると華麗なステルスアクションが決まり爽快感も味わえる。オン・オフ含めた全体のボリュームも申し分無く、こんなゲームをプレイしたかったというようなゲームになってました。UBIは素晴らしい!

スプセルの室内戦の奥深さとBFの野外戦の戦略性が合わさったゲームが出れば面白いだろうけど、うまくまとめられないかな…

広告

BFBC2 XBOX360版レビュー

プレイ時間も100時間をこえたのでレビューを書きます

  • 序盤は結構面白い
    序盤は武器やガジェットなどの兵装の解除もありwktkで楽しめました

  • ラッシュは分隊縛りがキツイ
    今作は分隊縛り(分隊内の連携)がかなり重要になっています。ゆえにプレイの幅が狭くなってることと、初心者には辛いかも

 

  • できることが増えてる
    前作に比べ兵装の増加によりできることが増えていますが、試合の展開が早く分隊縛りもキツイのでつぼに嵌ったプレイがなかなかできません。たまにできるとうれしいのですが殆どの場合、出来ずに萎えてしまいます。ゆえに今作は途中で抜けるユーザーが多い気がします

 

  • 視野が狭くてイラつく
    これも分隊縛りのキツサゆえの処置なのでしょうが視野が狭いです。VCなどでの連携を前提にバランスがとられている感じでしょうか、逆に裏取りはしやすいのですが裏取りこそなかなかできない仕様の方が面白かったような気がします

 

  • ラグ鯖に繋がることが多い
    酷い場合、敵に当たり判定がなかったり、見えない敵がいたりします。鯖選びから戦かわせてくれるEAは素敵ですね

 

  • 100時間こえたあたりで飽きてくる
    元帥までがあまりにマゾいこととマップの少なさ、ラッシュ・コンクエ以外のモードのつまらなさゆえに作業をやらされてる感が出てきます。前作ではこんなことなかったけどなあ

 

  • MAPが少ない
    初期から2MAP追加されましたがまだまだ全然少ないし、時限的に解除するのはなぜなのか理解に苦しみます。自信がないのかな

 

  • 総評
    前作は本当によくできていたんだなと感じました。今作はできることは増えてますがバランスが悪く、プレイの幅も意外と狭いし芋プレイが有利になってるところも詰まらない。BFにしては並な仕上がりになってると感じました。また、ラグや強制ダッシュボード等のゲーム以外でのストレスも多く、残念な仕上がりとなっています。PC版はラグが回避できるので出来ればそちらをお勧めします。不況の影響で各社製作費を減らされてるのか大作は全て空振りだなあ

 

  • おまけ(ちょっとしたテクニック)
    • キル稼ぎ
      ハードコアでSAIGA+012G.SGN+MGNM AM。ハードコアならどの距離でも当たれば一撃死(相手がBODY ARを着けてる場合は2発)、偵察の迫撃砲のスコープと組み合わせればM95にもなるうえに連射も出来てしまうという極悪仕様、おまけに弾は真っ直ぐ飛ぶという・・・^^;

 

    • 点数稼ぎ
      ノーマルモードで援護兵を使用しひたすら蘇生。蘇生1回+80点、そのうえライトマシンガンが糞強いのでエースピンも比較的容易に取れる

 

    • 基本動作
      今作は2・3発の弾を食らうだけで死んでしまう仕様なので”敵に見つかる=死”になってます。よって基本動作は草木や遮蔽物に隠れてジリジリと目的の場所まで移動するという感じです

 

    • 射撃
      前述にもあるように”敵に見つかる=死”なのでなるべく敵に見えない場所からの射撃が有効。”敵から見えない=自分の視界も狭い”で索敵しにくくなりますが、お目当ての場所のみを見れる状態で射撃するのが攻守ともにベストになってます

 

    • M-COM破壊
      今作は地雷+C4が有効。M2A2の対M-COM攻撃能力が低下しC4の自爆範囲の拡大により、地雷でダメージを与えられるように調整された。よって今作の速攻はC4+地雷でM-COMを破壊するのが基本。また、設置後に死んでもC4も地雷も一定時間は残っているので衝撃を与えれば爆発してM-COMにダメージを与えられたり周辺の敵を一掃できたりと使い勝手もいい。あとはUAVのヘルファイア、固定式対戦車砲、工兵のロケラン、戦車をお好みで組み合わせる

 

    • これから始めようとする方へ
      このゲームでの撃ち合いはスコープと階級14で解除されるマグナム弾がないと話になりません。ノーマルモードだとその差が顕著になりますので、とりあえずキルでポイントを稼ぎたい場合はハードコアをお勧めします。その際は敵と味方が落とす強化された武器を積極的に拾って活用しましょう。また、前述の援護兵や戦車などのビークルを利用して大量ポイントを稼ぐと兵装の解除も速いかと思います。