CMOSの電池って重要だね

先日、3年選手のvostro200の電源を入れたところ…

うぉ~ん、うぉ~ん、うぉ~ん…あれっ画面が出ない

もう一度、電源ON!

うぉ~ん、うぉ~ん、うぉ~ん…ちょグラボ逝ったかこれ…

問題のグラボを他のPCに取り付けて起動してみると普通に起動する…あれっ

色々と試した結果、マザーに付いてるボタン電池を外すとグラボも認識され起動する(3回に1回ぐらい)。どうやらCMOSの電池がへたってるみたいなんで、2032電池を購入し交換。今までの不安定な状態が嘘のように問題なく普通に起動するようになった。CMOSの電池がへたって電圧が低下した状態だとBIOSが誤動作をおこすようなので以下の症状が出たらCMOSの電池を交換してみるといいかも(もちろん自己責任で)

  • グラボが認識されない
  • マウスの動作異常
  • USB機器の動作異常
  • マルチコアが認識されないなど
広告
Post a comment or leave a trackback: Trackback URL.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。